読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

息子が開成に入れるかブログ

中3の息子が中受で落ちた開成を高校受験するんだけどほんまに受かるか実況ブログにした

息子と向き合うのはしんどいパート3

いよいよはじまった夏休みと同時に夏期講習もはじまりまりました。最初が肝心だと常々言っていたのに…。自習室が早くから開いていて使っていいということなので、行く!とはりきっていたのに、昨夜は2時くらいまで起きていたようです。

 

しかも、わたしもアホ親!うっかり二度寝してしまったら、起きたら7時だった!あー、チビのラジオ体操…ごめんよ、と窓開けたら、雨だったので、中止かーよかたー!というばたばたな朝でした。

 

それで、夏の計画をたてる!とかなんとか言って部屋にこもったのに、声かけたら、「あ、忘れてた!」いつものうっかりなのか、これはなんなのでしょうね。忘れるって。

 

いろいろ、テストを受けたりしましたが、テストによっては、まあよかったかなくらいのものから、げっ!全然ダメじゃん~っていうものまで。特に英語と数学と理科。多すぎ…。国語ははまらないとがくんと点が取れません。まあ、想定内だけど。

 

英語がどうして点が取れないんだろう。まあテストの見直しすらやってない様子なので、無理なんだろうな。ため息。怒りにはもう変わりません。

 

それは、なんだか夢のようだった。息子は、ボクはもう都立の上位校のあたりも目指せないんだ…って、落ち込んでいたので、とにかく、あなたは頑張ってっるよ!小6のあなたも頑張った!って、息子の部屋で励まして言い聞かせていたら、わたしの隣に小6の息子が立っているような気がしたのです。なんだか泣けてきました。

 

わたしのほうが、過去やら、中受やらにこだわっているのです。息子は、中受のときに勉強がつらくて逃げちゃったけれど、そこの先生がいる塾に通ってもいいって言うくらいでした。わたしが会いたくないくらいで。

 

夏期講習、初日が終わって、夜に帰ってきました。おなかをすかせているだろうから、お肉やらお野菜やらたくさん用意しておきました。講義がおもしろかったという息子。おもしろかったっていうならおもしろかったんでしょう。しばらく毎日、通います。自習こみ講義で10時間勉強で成果をだすんだ!