読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

息子が開成に入れるかブログ

中3の息子が中受で落ちた開成を高校受験するんだけどほんまに受かるか実況ブログにした

やっぱりやってない勉強

昨日は、やけに、ボク自信がついたんだよーとか、けっこうやったなーとか、勉強やってます、数検の勉強してるよ、とかとか、アピールしてきたので、怪しい…と思ったら、今朝、息子が登校したあとに、息子の部屋を掃除機かけるんだけど、机の上には数学の問題を2問といて、まるつけもせず、そのまんま、といった残骸がありました。帰宅して、すぐにiPadやりたい、って言ったから貸すとダメですねえ。ダメだわ。絶対やらないんだもんなあ。バカだなあ。息子は。

 

子供なんてそんなもの。と聞こえます。情けない。あのクソアピール。さっき、テレビでやってたダイエットするする、とか言ってる人こそ、意志が弱くぜったい痩せない、なんとか理由をつけて食べちゃった、みたいな。それとほぼ同じ!アピールするクソは意志が弱い。

 

きちんとやる人は、黙ってやる、黙々とすでに実行しているものなのだ。そこから違う。息子はいつか変わるだろう、いつか気づいて自分のことを考えてやるだろうと、思っていたけど、それは親の欲目だ。バカだ。親子そろってバカですねえ。ちゃんとやってる人は、結果を示すものだ。これ出来たよ!みたく。だから黙ってやれ!と言いたい。出来てないじゃん。ってわたしはすぐ言う。出来てから言いなさい!と。それがきついのかなあ。バカだなあ。

 

あーあーあー!とか上から目線で言っていたのに!!!今!郵便受けを見たら…。開成高校の説明会を申し込んだ往復はがきが…。2円不足で戻ってきた…。すごい前のはがきだったんだ…。まあ、よかった。締め切りは月末だったはず。このおっちょこちょい。このすっとこどっこい。自己嫌悪。

 

焦るな、自分。ツカレ親っていうんだってさ。なんだよ、ツカレ親ってネーミング。あほらしい。みんな親は疲れてるよ!子育てに!一生懸命なら。そりゃ放置、いや放任主義ってそのいい方だけで、ほおっておいているだけでしょう。子供にまかせるって。わたしはまだ任せられないなあ。任せられる部分もあるけど。それはその親の裁量でしょう。

 

しかし、なーんでやらないんだろう。意志が弱いんだなあ。心が弱い。自分で決めて自分でする。それできないのはアホだ。しっかりしろ息子!と言いたい。

 

わたしは中川淳一郎氏のファンなのだ。おわかりであろう。うっしっし。このクソミソのアプローチの方法は、わたしにはできんが、ばっさりキるけれど、とても常識人だと思うな。見習いたい。さすがといつも思います。