読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

息子が開成に入れるかブログ

中3の息子が中受で落ちた開成を高校受験するんだけどほんまに受かるか実況ブログにした

壁に目標はりました(^_^;)

今日も寒いですね-。こたつを出そうかどうか迷っています。出すとなるとちょい片づけなくてはならないし。腰が重すぎる-。

 

さて、昨日は息子は図書館に行って、5ページやってきました。ちゃんと証拠も残して。まあ、なんだか、ああ付箋を持って行けばよかった。辞書に貼れたのになあ、とおかしななんというか違和感のあるセリフを言うので、ちょいちょい図書館で怠けていたんだろうな、と察しがつきます。パソコンの予約票がさっき洗濯するのでズボンから出てきたし。

 

でも、まあほめてやりましたわ。約束なので。なので、ほんとのほんとはイヤなんだけど、どうしようもないので、懸賞付きの学習結果みたいなものをすることにしました。息子も自分で、すぐ忘れちゃうんだよ、何していいかわかんないし、ついぼんやりしちゃうし、というんで、中受のときもやったんですけれど、大きな紙に、毎日やることを5つ、書きました。英単語英熟語10個調べて覚える、過去問1年1教科分、英作文10個、計算問題10題、リスニング用問題CD聴きながら、あと分厚い難関用問題集、こんだけなんですけど!理科が不安…。まあ、やらないよりやる気があるんなら、この手段しかあるまい。

 

やったページ数をその紙にシールを貼っていくというものです。泣。中受のときもやりました。15歳になってもこれか…と思いますけど、仕方あるまい。で、そのシールが10たまったら、Huluで30分見てよしという懸賞。20個ためて1時間見てもいいし、40個ためて2時間の映画を見てもよし、という幼稚な設定です。しかたあるまい。

 

12月から本番だ、くらいの気持ちで今は基礎!基礎!と思います。思うしかあるまい。開成めざすコース(泣)の説明会で、隣り合ったママと話したのですが、その方に、間に合わないわよ、それ、ムリよ!と言われてしまいました。わたしも笑うしかなく、そうなんですよーと言うしかありませんでした。笑っちゃう。夏前のことですよ。

 

でもまあ、焦らないで、今の勉強をやるしかないですな。頑張ってみます。わたしも息子も。わたしもがんばらないと、息子のモチベーションにあわせるのはきっついですよー。合わせなくてもいいのか。でも合わせちゃう…。

 

今日も息子は図書館に勉強しに行って、夜は塾。ああ、ああ、最後の砦の塾のテスト、どうかなあ、どうかなあ、月末にあるんだけど、そのテスト、開成オープンですよ、ああ、英語30点くらしか取れないかもしれないなあ。もう少し、やらないと。泣。

 

数学の計算問題は、スピードと確実性が勝負なので、朝、やらせようと思いました。記憶ものは寝る前。朝は計算です!

 

芳沢光雄先生の本はどれも良書!この先生はゆとり教育をやめさせたと言われていますねえ。

 

あんまりいろいろやらせてもムダに終わりそうなので、塾用とは別に1冊。朝、10分で出来るくらいの問題を探していました。これはどうかなあ。息子も朝起きてやるよ!とフレッシュな感じ。はー期待するほかあるまい。あんまり問題集が増えてもどうかなあと思いつつ、その気に入った中から確実に1巡くらいできるようにすることにしました!