読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

息子が開成に入れるかブログ

中3の息子が中受で落ちた開成を高校受験するんだけどほんまに受かるか実況ブログにした

美術の内申て!(ぼやきみたいなもの泣)

そうなんです。わたしは内申を信じない。教員が目安のような4かなあ、いやあの子は3にしようっていう考えなんだと思ってるんだけど!その逆もあって、4が5になればラッキー。そうでなければアンラッキー。社会の構図なんでしょうかねえ。

 

美術なんて特に!息子の中学校のことなんですけど。点数だけでいいますと、平均50点。息子は85点で3!不器用だし、めちゃ絵はへたくそ。センスないってやつですね。これって努力で向上できるんだろか?ヘタでも努力しているっていう雰囲気を授業で出せれば良いけれど、それはどうでしょかね。授業態度は不明…。

 

90点の子も3、しかししかし、20点の子も3。これっておかしくないの?3の幅が広いってこと?かと思ったら、30点の子が4だと。それは絵が上手だから。美術って、なんのための教科なんだろか。うーん。

 

1 目標
  • (1) 主体的に美術の活動に取り組み美術を愛好する心情を深め,心豊かな生活を創造していく意欲と態度を高める。
  • (2) 対象を深く見つめ感じ取る力や想像力を一層高め,独創的・総合的な見方や考え方を培い,豊かに発想し構想する能力や自分の表現方法を創意工夫し,創造的に表現する能力を伸ばす。
  • (3) 自然の造形,美術作品や文化遺産などについての理解や見方を深め,心豊かに生きることと美術とのかかわりに関心をもち,よさや美しさなどを味わう鑑賞の能力を高める。

 

だって。文科省の学習指導要領であるんだけど、めちゃくちゃ曖昧。美的感覚は個人のもので、表現も変わるんじゃないの?そこ認める教員かそうでない教員かでラッキーかアンラッキーなんだろうなあ。息子の中学校は3ばっか。4をつけたっていいじゃん!っていう考えだけど、美術の教員もプライドがおありなんでしょうねえ。

 

人間なんだから無意識に、優等生には高い内申をつけることがあるって思うのだ。息子なんか優等生でもないから、優等生ってきれいにノートを取って締め切り前に提出し、受け答えも、はい!みたいな、授業は先生にうなずきながら受ける。このうなずいてる態度がわたしは学生のころから、うげ!って思っていた…。わたしはきちんと聞いていますアピール…。女子に多かったですねえ。今はどうなんだろ?

 

まあ、3か4でわかれるのは、めちゃ都立受験には大きく、当日点で、あれ何点だろか?7点?とらなくてはならない。いや14点?あーよくわからないー。けっこうな点数だよなー。なるようになれとしか、いまさら言えませんねえ。

 

この間、テレビで、落合陽一氏が言ってた、AIが教員の後ろにいるっていう考え、めちゃ賛成!あーでも、実技4教科のこと、もやもやざわついている公立中学の、子たちがいるってこと、あんまり知らないんじゃないかなあ。なんかいい加減に書いてしまいましたが、うーん、よくわかんない。

 

もうお昼すぎてしまった。買い物に行かなくちゃー。だいぶ秋めいてきたので、お肌も乾燥してくる。シアバターいつも使ってるんだけど、おすすめ。

 

最初、ヘアワックスがべとべとして顔につくのがイヤなので、美容室のおねえさんに教えてもらったのが、これ!シアバター!これなら、顔についてもぜんぜん大丈夫だし、顔にも肌につけてオッケーだし、万能なクリーム!植物の油脂だし、紫外線カットもしてくれるのでバンバン使ってます。最初はべつの商品を買ったんだけど、こちらはリーズナブル!愛用してます(^_^)